為替ヘッジの考え方

よく日本の投資信託・ファンドの概要を見ていると、「為替ヘッジあり」とか「為替ヘッジなし」を見ると思います。外国株式投資をする際も為替ヘッジをするかしないか考えます。と言いつつ、個人的には、為替ヘッジを完全に無視していました。資産の半分以上をドル建てで運用しているのに為替ヘッジについて真剣に考え方ことがない。これはいただけないなと思い、調べることにしてみました。

概念的には、1ドル=100円の時にドル転して、1ドル=90円の時に商品を売却し、円転すると為替差損が発生します。1,000万円運用時に1ドル10円動いてしまうと、100万円の差損がでてしまいます。逆に上振れすれば100万円の為替差益がでることに。人によってこの為替差損益について考え方は様々ですが、個人的な解釈をまとめておきます。

 

為替ヘッジの考え方

為替ヘッジとは?

外貨建て資産に投資する時に、為替の変動リスクをほぼゼロにすることです。為替ヘッジをすることで為替リスクをゼロに出来る代わりに、為替ヘッジのコストが別途発生します。つまり、タダではリスクを回避できないということです。保険代と言っても過言ではありません。但し、普通の保険と違って為替ヘッジの保険代は、常に動きます。

自分で為替ヘッジする方法

国内の投資信託・ファンドを購入する場合、よく為替ヘッジありのパターンと為替ヘッジなしのパターンがあり、AとBだったりヘッジあり、ヘッジなしの表記がありますが、自分で為替ヘッジをかける事も可能です。方法は簡単です。外貨運用商品へ円建てで投資する時は、投資する金額分の外貨を同額売ればよいだけです。この場合、多少のずれが発生しますが中長期でみれば大きなものではありません。

さらにドル転して外貨で商品を購入する場合、指値を同じ金額にしてしまえばOKです。例えば、ドル転するドル買いは、1ドル100円で買い。為替ヘッジ用のドル売りは、1ドル100円で売り。こちらも同様の金額で設定しておきます。これで為替ヘッジが完成です。

あとは、売る時にも同様の処理を行います。円建ての外貨投資商品を売る時に、為替ヘッジの為に売っておいた為替を買い戻します。投資信託・ファンドの場合は、基準価格の価格が1日1回なので基本的に同日に決済注文を出しておけばさほどずれが生じません。

ドル建て商品の場合は、まずは商品を売って現金化。その後にそのドルを売る注文と為替ヘッジ用のドルを買う注文を同じ価格で指値注文すればヘッジ決済が完了します。

 

為替ヘッジのコスト

この部分ですね。個人的に一番気になったのは、自分でやった場合のヘッジのコストがどのくらいかかるのかで、正直かけるかかけないか分かりませんし、為替転換するのに何年も待てるのかどうかなども要因の1つだと思います。

下記は、ある日のFXトレード画面ですが、一番おしりにあるのがスワップです。売りだと-10円、買いだと7円と言う意味です。スワップポイントは、毎日発生する利息になりますので、売った場合のスワップがマイナスだと利息を払う形になります。

為替ヘッジのコスト

例えば、分かりやすく1ドル100円だとして1,000通貨あたりの売りスワップが1日10円かかるとします。1,000通貨は、10万円です。10万円あたりのヘッジコストが1日10円と言う事になります。365日だと1日10円なので年間3,650円がヘッジコストと言う事になります(為替のスプレッドはとりあえず考慮しません)。

と言う事は、10万円分のドル建て商品に投資する為替ヘッジコストは、年換算で3,650円。10万円に対して年間3,65%になります。この3.65%をどう見るかです。実際に107円で計算してみましょうかリアルに。3,650円÷107,000円=3.4%になりました。2020年6月現在だとこの為替ヘッジコストがかかる事になります。

このヘッジコストに関しては、自分でやった場合、アメリカの金利と日本の金利の差で確定しますので、最近では為替ヘッジコストがだいぶ安くなってきていると言えそうです。

対して、投資信託にある日本円建てのものは、どうでしょうか?ちょっと何件か見てみてのですが、信託報酬がどちらも同じなんですよね。ヘッジあり、ヘッジなしでも信託報酬が同じです。不思議ですね。投資信託の場合、ヘッジされているにもかかわらず信託報酬に反映されていない・・・。

もしかしたら、基準価格に既にスワップポイントやスプレッドの手数料が入っているのかもしれません。つまり、目に見えないけど間接的に負担している。と言うことですね(知っている方おりましたらお教えください)。

為替ヘッジのメリット

メリットは、やはりいつ決済しても為替による影響をほとんど受けないことです。1つの商品に投資する時に、投資先である株やETF、投資信託・ファンドを見ていればよいので、為替のことを気にする必要はなくなります。投資で見なければいけない部分を1つ減らせるのは、大きなメリットと言えます。

特に1年以内の比較的短期の投資などにおいては、威力を発揮しそうです。ここ10年ぐらいの変動率は、8%~20%です。特に直近の5年は、10%未満の年が4回。18%の年が1回とかなりのレンジ相場です。アメリカと日本にとって、居心地のよい為替と言えそうです。考え方としては、年換算で最低8%の変動率だとすれば、100円でスタートしたら100円~108円か104円~96円か92円~100円などのイメージになります。最大と最低の幅が価格の8%と言う事ですね。

さらに短期投資であっても、値動きが比較的大きい商品に投資した時に威力を発揮しそうです。値動きが小さい商品だと、為替ヘッジコスト以上の利益が出なければ、そもそも買った段階で損失が生まれるからです。

 

為替ヘッジのデメリット

為替ヘッジのデメリット一番は、自分でやるならコストと手間です。購入する度にヘッジをして管理をするのは、非常に大変です。さらに現状でも年率3%以上の費用がかかりますので、これ以上のリターンをあげなければ意味がありません。中長期投資をするのであれば、為替ヘッジの意味がありませんし、為替ヘッジの為に運用している感じになってしまいます。

10年為替ヘッジをかけ続けた場合、スワップポイントが一定だとしてもトータルリターンで30%以上を払う事になります。もはや、絶対にやってはいけないレベルです。保険として考えても非常に高いのが分かります。

さらに為替ヘッジのデメリットとして、為替にヘッジをかけてしまうが故にインフレに対応出来ません。1ドル100円のコラーが10年後に1ドル110円になっていた場合、実質10%インフレでお金の価値が下がり、モノの値段が上がっているわけですが、為替ヘッジをかけてさらにインフレにも対応出来なくなるので、インフレ時の為替ヘッジはデメリットとなりそうです。

 

為替ヘッジの考え方のまとめ

もし、これ以外にポイントとなりそうなメリットやデメリットがありましたら、みなさん教えてください。追加したいと思います。中長期で投資をするなら、米ドルで考えると為替ヘッジは要らないのかなと感じました。実際、私の場合、110円で一括ドル転して、現在107円で3%為替差損が出ているわけですが、キャピタルゲインがほとんどないインカムだけなので、手取りがちょっと少なくなるぐらいの影響しかなく、あまり為替は気になりません(毎月例えば1,000ドルの配当があるとすれば、常に1,000ドルなので為替の影響と言うかドルが100円なら10万円。90円なら9万入るだけで毎月機械的に円転して生活費にあてています)。キャピタルで考えてしまうと、購入価格が元から決まっていますので、円転しようとすると為替差損益が気になりそうではありますね。

国内の投資信託・ファンド選びでの為替ヘッジあり、なしはどうするのか?為替ヘッジコストがゼロって事はおそらくないので、こちらも中長期であれば為替ヘッジなしで良さそうです。但し、トルコリラ建て、メキシコペソ建て、南アドル建てなどのハイリスク通貨の商品を買うならヘッジがあったほうが良いかもしれませんが、そもそもそういった商品は買わないようにしたいところです。

もし、市場金利がアメリカより日本のほうが高くなった場合、為替ヘッジコストはプラスになります。つまり、為替ヘッジコストが無料でかけられて、さらに利息までもらえるということです。逆にアメリカから考えたら、円建て資産へ投資する為に、円をドルに変えて為替ヘッジをかけるには都合が良いということに。自国通貨の政策金利が高いという事は、それだけ外国からの投資をしてもらいやすいということも分かりますね。何故なら為替ヘッジコストがゼロで、さらに金利までもらえるわけですから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA