WealthNavi(ウェルスナビ)の手数料でやめたワケ

WealthNavi(ウェルスナビ)
最後のポートフォリオ

ロボアドバイザーと言えば、WealthNavi(ウェルスナビ)かTHEO(テオ)。購入ETFが少ないと言う理由から好奇心がムクムクと。

昔からほとんど投機でFXや国内株、投資信託をやってきたけど、ここにきてまとまった額を運用せざるを得なくなった為、証券会社が提供する様々な運用サービスを勉強している最中、このWealthNavi(ウェルスナビ)の手数料が気になった。そして、それを調べた結果は・・・

手数料1.0%(税別)は安いのか高いのか

究極的には、運用する人間の属性でやはり、検討すべき部分が変わってきてしまい、一概に言えないのが意見を述べる上で最も問題をややこしくさせる

  • 残り運用期間
  • 運用金額
  • 一括、手動分散、積立

ただ、条件が最初から分岐してしまうので、結論として面白くない。だとすれば、「手間賃」で考えたらどうなのか。

例えば、100万円を運用する人だったら年間で1万円をWealthNavi(ウェルスナビ)に支払う事になる。その人にもよるが、時給1,000円だとしてざっくり毎月1時間分のメンテナンスを行える金額になる。

こう書くと「う~ん。ちょっと微妙だな~。リバランスや目標に応じて、資産クラス検討とか。年1万だったらお願いしてしまったほうが楽かな」と思ってしまう。手間賃としての100万円運用時1万円は、妥当性が高い。

では、もしかしたら5%未満の層になってしまうかもしれないが、1,000万運用だったらどうなのか?そうなると年10万円の手数料となる。これだと毎月約1万円ほど払っている感覚になり、「むむ。少し高いかな」と思える部分が増えてくる。

実際には、1,000万もWealthNavi(ウェルスナビ)に突っ込める人なら、忙しく、他のキャッシュフローで十分やっていけるような人達で、時給に関しても1万前後ぐらい来るのかもしれない。そうなると年10万ぐらい払って、ほっとくのは良いかもしれない。

運用残高3,000万以上は、手数料が0.5%?

WealthNavi(ウェルスナビ)もTHEO(テオ)も同じだが3,000万を超える運用金額は、手数料が0.5%になる。ここまで来るとそもそも、一般的な金額ではなくなってくるので「自分には関係ない」という人が多数だろう。

ただ、3,000万の1%は、30万だ。月間3万円近くを手数料で払うのは、ちょっと高いと感じてくる。休みの日にでも月に1回状況確認を数時間すれば、お釣りがくるレベルだ。

結局、手数料は高いのか安いのか?

もう人それぞれ。個人個人の手間賃で考えてどうなのか。と言う部分だけ。WealthNavi(ウェルスナビ)は、後述するようにかなりシンプルな運用方針だ。それだけに100%は無理でもキャッチアップ出来なくない。そう考えると若干割高かもしれない。

忘れてはならない事が1点。資産クラスのリバランスは、50万円以上の残高が無ければならない。これ以下の額だとリバランスされない。

もしも自分でウェルスナビしたら

個人的に一番面倒だな~と感じたのが、積立と資金預入時の購入資産クラスの選定。これは難しい。例えば

米国株(VTI)  33%
日欧株(VEA) 33%
新興国株(VWO) 14%
米国債券(AGG) 5%
金(GLD) 8%
不動産(IYR) 7%

これが2019年2月時点で最適なポートフォリオだとする。では、いくらだったらこの割合でそれぞれ1口ずつこの割合で購入できるのか?最小購入単位と金額があるわけで、厳密に言えば、その額より大きくても小さくても少しだけずれが発生する。それを調整しながら構成するには、至難の業。

やはり、ウェルスナビのロジックやブランドに惚れていて、自分でやるの面倒だから1%払ってもいいや。15年~20年ぐらいで年率2%前後で運用出来れば十分。と考える人にはベストだと感じる。

2020/05/16 追記
遊びでウェルスナビをやるなら、それで良いと思う。金持ちの道楽的に。真剣に投資をやろうとしている人は、分散投資のメリットデメリットを学び、アップルショックとコロナショック前後の各資産の動きを勉強すべきだ。上記のサンプルポートフォリオは、一番リスクを取った場合のウェルスナビおすすめポートフォリオ。

6つの投資商品に分散する必要がない事が分かるまで、勉強したほうが良いかもしれない。いずれにせよ年率1.1%のウェルスナビ手数料が年1回ではなく、毎月引き落とされる事がかなり問題だ。さらに各ETFの経費も負担している事も考えよう(次節)。もし、今ウェルスナビをやっているなら、これらを考える事でやめるきっかけになるはずだ。とは言え、コロナ相場でどうなったのか?非常に興味深い。

ETF手数料がかかる事も知っておこう

米国株(VTI) 日欧株(VEA) 新興国株(VWO) 米国債券(AGG) 金(GLD) 不動産(IYR) これらの銘柄コードで検索してもらえれば分かるが、ETFの運用手数料が出てくる。どれを見ても手数料は、0.2%以下でかなり安い。手数料がインデックス系で割安なものがETF長期投資に向いているからだろう。

が、ここで1つ気になる事がある。 WealthNavi(ウェルスナビ) の1%手数料とETF手数料は、別々でかかるのか?答えはYes!高須クリニック!・・・。つまり、実際には為替手数料や為替リスク、売買手数料が証券会社を通してかかるわけだが少額であるほど、売買手数料や為替手数料がかかったりするので、自分で運用するにせよ、少額だと WealthNavi(ウェルスナビ) に任せたほうが良かったりする。

簡単だからまず使ってみよう。そういった動機で貯蓄から運用へ。の方向は大歓迎だ。ただ、その先に金融リテラシーを全体で向上させ、運用者の知識レベルが上がってこないと、金融商品や企業もレベルが高いサービスを提供できない。

日本は、G20でも金融リテラシーが低い国だ。回転売買で稼いだり。毎月分配で金融庁がご指導したり。ソーシャルレンディングで引っかかってみたり(私の事だ)。まずはやってみて、色々調べてみて。自分の考えをまとめ。他人の意見に流されず。投資運用の方針を決め、学びながら成長する。これが正しいのでは無いかなと。

結局、手数料安いの?高いの?

結局、運用資産が多くて、投資期間もまだ余裕があり、経験も知識もあるような人には、1%の手数料は高すぎます。年率1%を普通の人が上げるには、結構大変です。デイトレやプロは違いますが、サラリーマンや小金持ちには難しい。さらに毎月手数料は、減っていくので逆複利で負担も小さくありません。

20代~50歳ぐらいの運用初心者や運用金額500万円未満だと、コスパ良いのかなと感じました。

ただ、割高であってもただグラフを眺めていれば良いので、メンタル面でかなり楽だと言うのはあります。また、解約においても個別に解約する感覚ではないので、結局、+リターンの時に決済すれば元本毀損はしていないと言うシンプルさもあります。

しかし、私はリバランスがされる50万円を残し解約し、ウェルスナビはやめます。資産クラスや割合、サービスやロジックがどうなるのか勉強する為、今後も引き続きウォッチしていきたいと思います。

 

2020/05/16 追記
勉強の意味ですらウェルスナビは、おススメしません。というのもロボ系の運用は、運用会社側が儲からないとやる意味が無いのでやりません。で、その儲けは誰が払っているかというと我々個人投資家です。人のよい個人投資家が、日本のロボアドバイザー企業にお金を払い、さらにアメリカの金融会社に手数料を払うわけです。こんなバカな話はありません。

なので、興味があっても最低投資金額10万円ぐらいで、ポートフォリオを見て「ふんふん」と感じ、下落相場や上昇相場を見て「これなら●●のETF1本で十分じゃねぇか」と理解するまでで良いはずです。ウェルスナビは、数秒の通過点でどっしりではありません。ご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA