ストラテラ40㎎【服薬14日目】

さて、投薬2週間を経過し、この青いカプセルなストラテラちゃんにも違和感を抱かなくなりました。と、言いたいところですがこの青いカプセル。未だに馴染めません。もっと、オレンジとか赤とか暖色系のほうが良かったかな。

結局、最初に飲み始めたときの印象(ストラテラ40㎎【服薬2日目】)とは違って、やはりお医者様が言われた通り

効き始めるのに3~6週間かかります。しかも、効いたかな、効いて無いかなぐらいです

ほんとそうなんです。子供にもいつも通りイライラしますし、仕事のやり方が合わない人間にもイライラします。そして、衝動性で言えば、手軽なゲーム課金からネットでのいらんもん購入ぐらい。仕事も計画性は、いつも通りないというか「これやるぞ!」って決めて、数日走り出して頓挫。

で、走り出しが続くとやり遂げるまで進める。という特性の為、一種のバロメーターになっているADHDの衝動性。続くビジネスは、やり遂げるまでやるので、必然的に打率が高くなる。とはいえ、そんなたいそうなビジネスでもない。自営業レベルではあるのだが。

 

それよりも病院に行く前から出た症状が凄く気になる。

ある時、出社しようと電車に乗る。すると1駅乗るのを待たずして、めまい、吐き気、変な汗が起こる。

アカン!このまま乗ってたら吐く
1駅進まずに次の駅で降りる。ベンチに座り悶えながら治まるのを待つ。凄い冷や汗。はじめての体験。駅のホームのベンチにうずくまるように丸くなる。駅員を呼んでもらうか迷うぐらいの気持ち悪さ。久しぶりに助けて欲しいと心から思ったが、具合が悪いさなかふと「こんな感じでも誰も声かけないんだな。かけられたら駅員呼んでくれって言うだろうに」と思いつつ、ピークを過ぎたのか、徐々に引いてくる。
30分ぐらいだったろうか・・・・
貧血かな?と思いつつ、また電車にのる。一瞬、また具合が悪くなるのでは。と頭をよぎるが乗り込む。冷静に症状を分析してみた。何か息が浅くなり酸欠のようになる。そのまま気持ち悪くなる。息が浅いからだと深呼吸を始める。それにもまして、吐き気が強くなる。真っ白になっていく感じ。
この電車事件から暫くは何も起こらなかった。
この事件以後に、病院に駆け込むことになったわけだ。全ての発端は、ここから。身体に実際にシグナルが出てしまい、病院へと言った。個人的な診断では、おそらく発達障害から来るうつだろうなと思っていたので、まずは精神科・心療内科へ行った。
またか!この感じ!来たよ!
ひょんなことから友人と写真講座へ行った時の事。
会場には、テーブルが10個ぐらい。それぞれに6人ぐらいが座る。花粉症でマスクをしていた。
先生の話が始まり、なんかまた息が浅くなる。「あれ、マスクしてるからかな。なんか苦しい」そう思って、鼻だけだして鼻呼吸にする。
「え、嘘、今は嫌だ・・・・」
出ました。だんだん気分が悪くなり、白くなり、気持ち悪くなってきた。
「あ~まじやばい、みんないるし。早めに退出しとこうか」
そう思い、立ち上がり、助手スタッフに声をかけ外に出る。限界ギリギリ。椅子に倒れこみ、電車事件と同じ状態になる。今度は、落ち着くまでに45分ぐらいかかってしまった。
その間、写真講座は終了。社会不適合具合がまたも露見した瞬間だった。
この時点でちょっとADHDだけじゃなくて、何かべつ。ほんとうつとか統合失調症だったり、他のも併発してるんじゃなかろうかと考え出した。ガチで具合悪くなるって、ほんと遺伝子じゃなくて患ってる感じだわと思いつつ。しかも制御出来ない。
電車と講座
どちらの共通点ともいえば・・・なんだろう。個人的には、人が電車も講座も多数いるって感じかな。人に酔うとか言うのかな。そうこうして、薬を着実に飲みながら、最初に処方された1週間分に続き2週間分である21日目を目指す事になる。

6 COMMENTS

maruko

2年前からADHDでストラテラを服用している者です。服用後に私も似たような症状があったのでコメントさせていただきました。電車の中で、服用から一時間経っていないくらいにお腹が痛くなり、我慢していたら気持ち悪くなって来て、段々呼吸も苦しく浅くなって座っていられず床に倒れてしまいました。手足の痺れもありました。この症状(腹痛と手足の痺れはない時も)は、女性特有の体調不良の時だけに何回か出たので重い貧血なのだと思っていましたが、ストラテラの影響もあるのかもしれないですね。自分も薬の服用をやめた方が良いのではないかと考えているところです。

返信する
MUI

コメントありがとうございます。私の場合は、服用中1回。服用前1回。だったと記憶しています。ただ、個人的にはパニック障害系のものだと考えており、服用による症状では無いかなと。2年服用ともなれば、副作用だとすると頻繁にそういった起こっていれば関連性があるかもしれません。確かにたまにであれば、生理と重なり症状が出てしまうというのも考えられますね。

今服用しててどうなのでしょうか?私は効き始めるのに1か月以上かかりましたが、その時は、効いているメリットとデメリットを天秤にかけた時、デメリットが多かったので辞めてしまいました。しかしながら、最近、また服用しようかなと思っています。環境やタイミング、体調。色々考慮しながら辞める続けるの判断が要りますね。

返信する
maruko

ご返信いただきありがとうございます。
ブログとご返信を今一度読み返しハッとしたのですが、おっしゃる通り、パニック系の症状なのかもしれません…。
私は薬を飲む前から地下などの窓がないような場所や暗闇、バス電車エレベーターなどではいきなり呼吸困難になったり、なるのではという不安症状がありました。生理関係なくです。
薬の効果として、私は不安感がだいぶ減りました。なりそうと不安に感じる頻度が減ったので、パニックの症状はだいぶ改善したと思っていました。副作用としては動悸が主で、登山中に動悸が激しくなり呼吸が苦しくなることがありましたが、立っていられないほどの重い症状は生理の酷い日だけだったので、やはり貧血なのかもしれません。
電車で倒れたのは最近のことで、その日以降薬を飲む前にも少し呼吸が浅くなったりするので、パニック症状がぶり返してきた可能性も考えられると思います。

服用から2年と申し上げましたが、すみません。正確には2017年の11月から飲み始めたので、1年8ヶ月経っています。
薬は10、25、40、80mgへと増やしていきました。80mgから65mgへ減量してから現在1か月程経ちます。先日からジェネリックのアトモキチン錠にして(カプセルと錠剤の二種類ありますが、私は錠剤にしました)二日目です。
薬代が高いですよね。自立支援医療が使えるようになってから1割負担になりましたが、それでも毎月は厳しいです。先日ジェネリックが出てから、アトモキチン錠40mg×28日分25mg×28日分で1,100円になり大分安くなったので助かっています。

またもしも服用を始められる場合、主治医に自立支援医療の適用になるか相談されてみてはいかがでしょうか。診断書の手続きなどしてもらえると思います。診断書代も結構痛いのですが;

薬を飲んで効果を感じたと思うことです。↓
無理な予定を立てて、やる前に計画倒れになることが少ない。途中で軌道修正する余裕が出来た。薬を飲んだことで、衝動多動不注意が改善されるわけではないが、集中していられる時間が増えた。人と会うときに疲れにくくなった。あまり睡眠が取れてなくても動ける。緊張による不安やストレスがましになった。音が良く聞こえるようになった。耳が良なったような感覚。方向音痴がましになった。地図を見ながら歩いた道を覚えていられる。

薬をやめた方が良いのではと思うことです。↓
主に、薬を増やしたときに感じる、人に会えない程の攻撃的な感情が強くなること。イライラ感。辛い動悸。身体への負担が強い気がすること。幸せな気持ちを感じにくい。

長文失礼しました。読みにくいかと思いますが、ここまで読んで下さりありがとうございました。

返信する
MUI

marukoさんコメントありがとうございます。
ストラテラの後発薬がアトモキセチンとは知りませんでした。ストラテラって本当に高いですよね。1か月1万は超えますし、アトモキセチンだとそれよりはだいぶ安いって事ですね。自立支援医療は、所得制限でだめっぽかったと記憶しています。主治医に「薬代が高いので継続が・・・」という話をしたところ、こういう制度もあるよともらった資料に目を通した記憶があります。

薬を飲んでよかった事。というか感動した事は、世の中がこんなに静かだとは思わないぐらいの感覚でした。頭の中の騒々しさが無くなり、インプットに対して冷静に対処出来ます。それまでは、湧き出るアウトプットをさばくのに精いっぱい。でも、それって仕事によっては、重要な強みなんですよね。とりあえず、普通の人は、こんなに穏やかなんだと感動した記憶があります。つまり、思考の多動が抑えられたと言う事なんだと記憶しています。

攻撃的な要素は無くなりませんでしたね。逆に飲んでいないほうが攻撃的。それはおそらく、騒がしい脳内を対処するのに精いっぱいなのに、外部からの刺激によりイライラする事で、攻撃的になってしまうのだと私は考えてました。特に集中している時に話しかけられるとイライラしてしまう困った症状がありました。仕事でも家庭でもそれは困りますが。

最終的には、飲む前の特性をよく理解し、飲んだ後の特性も理解し、どちらの状態が自分にとって生きやすいのか。それをしっかり客観的に把握する事でしょうね。

私の場合は、溢れ出るアイデアと実行に移す行動力。これは強力な武器でした。ただ、それが必要無くなると邪魔になるんですよね。実行に移す必要が無くなるとそれがストレスになってくる。なので、その特性を活かす場所に身を置き続けるか。薬を飲んで落ち着いた生活を送るか。2択しか思い浮かびませんが、その選択しか無さそうだなと言うのもまた、生きづらいな~と感じます

返信する
maruko

ご返信ありがとうございます。
年収制限があったのですね!
たしか、診断書に病状を記入する欄があり、そこが一定レベル以上「重度かつ継続」であれば年収に関係なく自立支援が受けられるみたいです。

次々とアイデアを実行に移していく力がとても羨ましく思います。人によって悩まれている部分も、症状や薬の効果の出方もまた違ってきますね。
私は不注意優位型でぼんやりしていることが多いです。頭の多動は、確かに薬で抑えられたような気がします。

今後、サプリメントも試してみようかなと考えています。

身近に同じ薬を飲んでいる人はいなかったため、詳しいお話を聞くことができて勉強になりとても励みになりました。

MUI

marukoさんコメントありがとうございます。
私の先生が言っていましたが、薬を飲むか飲まないか。重度かそうでないかは、本人次第と言っていました。つまり、ある症状で生活に困り、どうしようもないと考えているかどうか。本人が困っていれば飲むべき。当たり前と言えば当たり前ですが、環境や生活によっても事が複雑さを生みますよね。

いえいえ(笑)これが厄介なもので、衝動的に行動してしまうので一貫性に乏しく、目移りしやすいので成果が出ないケースが多々あります。逆に1極集中出来た時には、成果を上げられるのですが再現性が無いので、常にギャンブルですね。

こういう事が分かっていても、抑え込もうとすると物凄くストレスになるので、1回服用してすぐ効く薬が出来たらな~と思います。何週間も飲み続けて効果が持続するタイプは、私には合ってなかったです。

私も生まれて初めて、この薬を飲んだことある人と話せたので、より前向きに。自分だけじゃないと言うので励みになりました。また気が向いたら立ち寄ってください☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA