ストラテラ40㎎×2【服薬26日目】

副作用の頭痛も。脳みそが圧迫される感じも無くなりつつあります。無くなるのではなく、マヒしてしまったのかもしれない。

 

ミスや物忘れもありません。これは昔からありません。医者に毎回聞かれますがもともと無いと答えます。

 

崖からパラシュート背負って、飛び降りる人たちは、みんなADHDでしょうか?衝動性が無いと飛び降りませんね。では、格闘家はどうでしょうか?人を殴る蹴る。それにトレーニングをする。ある程度、衝動性無いと無理じゃないですか?無謀な事業を開始し、こなしてみせる。衝動的ですね。でも、崖も格闘も事業もある程度、計画性が必要で臨機応変に対処できる能力も必要。

一点だけ見ちゃだめなんですよね。これが苦手。複数の視点から複合的に見るというのが苦手です。常に1つの視点だけなので、論点やこだわりが出てしまう。ブログ書いてて今気づきました。視点が1つになりがち。これはダメですね。生きづらさのもとかなと。

 

医者は言いました。日常生活に支障をきたすのが病気です。支障をきたしていなければ病気ではありません。

 

では、事業を失敗して病んでしまった人は、病気でしょうか。崖から飛び降りたら、パラシュートがうまく開かず、崖にぶつかって死んでしまった人は病気だったんでしょうか。

 

少し大げさな例でしたが違いますね。1つの視点ではなく、自分自身が日常生活に支障をきたすかどうか?は少し難しい。私は自営という職業柄、時間やタイミング、量などを自分でコントロールできるが故に、顕在化していない可能性は高い。

人混みは苦手だし、フロアに何十人もいる場所では気が散って仕事が出来ない。十分病気か?

 

う~ん。衝動的にカメラは買ったが確かにすぐ使わなくなる。練習や何かを撮りに行きたいという欲求はあるが、なんか一人は嫌なのか・・・。誰かいないと続けにくいのか。でも、最近始めたトレーニングのほうが続いている・・・。

 

自分の分析に何十年もかけているのに、分からない自分。他の人の事なんて分かるわけがない。と言うと初めから扉を閉ざす事になるから、分かろうとする心構えは必要だ。なんとも面倒くさい・・・

 

もっと自然に生きれないものか。もしくは、この生きづらい、悶々としたものが人生というものなのだろうか。

 

1つ薬を飲み始めて変わった事と言えば、趣味への欲求がほぼゼロ近くまで低下した。この部分に関しては、衝動的な行動を抑制しているが故に起こっている事かもしれない。でも、それって良い事なのだろうか。

 

もしも個性を奪う薬なのであれば、少し迷ってしまう。薬代も高いし。いや、趣味のほうが高いから経済的という見方もできるのか。

 

薬を飲み始めてから、多少、事業意欲も湧いてきた。今まで出来ていなかったというか、放置してしまった仕事もやり始めた。ここらへんは、計画性のなさ。つまりは、衝動的に仕事をしてしまう部分が取り除かれ、やるべき事でやれていなかった事が少しづつ出来てきたのかもしれない。

 

でも、「凄くやりたい」という欲求がなくなった趣味に、1回行ってみようと思う。どんな感覚になるんだろうか。やっぱり「またやりたい!」といつもだとなるんだが、どうなることやら。

あとは、もともと人に対する興味が薄いかな。なんでだろうな。まあ、遺伝子なんだろうけど。仕事関係以外で、1年で会うのって1回あるかないかだな。ヤバい・・・かな。やっぱり。でも、凄く友達欲しいってわけでもない。趣味に関しても、誰か固定である必要もない。

 

この部分に関しては、幼稚園や小学校から友達と仲良くしよう。みんなで〇〇しよう。と教えられてきたから、一人で本を読んだり、虫を探したり、縄跳び練習したり、宿題をすぐやったり・・・。という行動が回りと比較した時に本人が苦しくならないかな。と

 

個人的に心配してきた問題。どう考えたって、30人クラスで1人~3人ぐらいは、楽しくないんじゃないかなと思う。

 

さて(笑)今日は、この分散型脳構造でそのまま書きなぐってみた。実にまとまりがない・・・何を言いたいのか分からない・・・。そうなんですよね。普通にしているとこういう思考回路が寝てる時以外、延々と続いているわけですよ。

 

そんな時に話しかけられたり、自分がストレスだと感じる事があると、もうパンクしやすいってのが素人目にも明らかなわけです。

仕事もプライベートもある程度、重要な局面の場合は、自分なりのフレームワークを用いて対処するしかない。開放したままだと、人さまに迷惑をかける可能性が高くなりますし、自分自身も失敗してしまう可能性が高い。

 

でも、そのスイッチの切り替えが自分で出来るならば、生きづらさはあるでしょうが病気ではなくなります。

ストラテラ40㎎を2錠。毎朝飲んでいますがこの思考回路はまだ健在です。

 

途中で辞めそうだけど、ある程度・・・そうだ。医者から薬変えてみましょうか。とか、何か別プランを提示されない限りは、1年のみ続けてみようと思う。これまでの人生とは違った部分が浮き上がってくるかもしれない、と信じて

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA