「AI経営で会社は甦る」を読んでの個人的な感想

AI経営で会社は甦るAI経営で会社は甦る (文春e-book)【Amazon↗】

まだ自分の会社には、AIらしきものは導入していない。機械学習も広義のAIであるならば、既に色々なサービスで導入されている為、知らずと使っているかもしれないが、「これがAI」と思って、もしくは感じて使う事はまだない。

とAI経営とは何なのかと考え手に取ったはずだった・・・・・

 

内容(「BOOK」データベースより)

AI革命で「産業構造」「稼ぐ仕組み」が激変する。
企業再生の第一人者による「AI時代の経営論」。

【目次より】

◆はじめに AI時代の経営とは

技術的にスゴいことと儲ることは違う
L(ローカル)の風とS(シリアス)の風をつかめ
WhatよりもWhen,How,Whoの勝負

 

◆第1章 これがAI革命の真相だ

デジタル革命が「バーチャルの世界」から「リアルの世界」へ
「稼ぐ」構造が根こそぎ変わる
産業革命の核心はAIの進化と「S(シリアス)の世界」
大自動化革命ではタブーの少ない日本に勝機あり
オープンイノベーションとブラックボックス化
日本の自動車メーカーは生き残れるか

 

◆第2章 なぜ日本企業が有利なのか

ハードとソフトの融合が焦点に
ハイブリッド経営システムを構築せよ
モノづくり日本にチャンスあり
ローカル型産業、中小企業にはもっと巨大なチャンス到来
ターゲティング型の産業政策はもはや通用しない

 

◆第3章 日本企業がとるべき戦略

天才技術者を雇うには
一国二制度で異質なものと共存する
プロ経営者の改革がうまくいかない理由
リアルキャピタルからヒューマンキャピタルへ
産学連携で人を育てる

 

◆第4章 AI時代のリーダー像・働き方

分断される「Gの世界」と「Lの世界」
真のグローバル人材を目指すには
AI時代に残る仕事、なくなる仕事

 

◆おわりに 千載一遇のチャンスをつかめ

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

冨山和彦
経営共創基盤(IGPI)代表取締役CEO。1960年生まれ。東京大学法学部卒、スタンフォード大学経営学修士(MBA)。ボストンコンサルティンググループ、コーポレイトディレクション代表取締役を経て、産業再生機構COOに就任。カネボウ再建を成功させる。解散後の2007年、IGPIを設立。現在、経産省が取り組む官民共働型のIoT化推進組織であるIoT推進ラボ座長、建設現場の生産性革命を狙った国交省主導のi‐Construction推進コンソーシアム委員を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

ごめんなさい。この記事書いてる時点でほとんど記憶に残っていない・・・残念。GとLのくだりは面白かったかな。グローバルとローカルの話。特別賞か・・・この本。

 

本書とは関係ないかもしれないけど、中間層がやはり厳しくなるかな。グローバルとローカル。地方には、地方の仕事があるわけでAIと言っても、全て機械化やシステム化がされるわけじゃない。AIの力によって、進むだろうけどローカルどっぷりの仕事は、今後もあり続ける。

介護も医療も育児も飲食も。衣食住に関しては、やはりあり続ける。ただ、そこの仕事で中間層の収入を得ようとすると難しくなる。

 

日本でもブローカーが呼び寄せる人材は、中国人が多かったけど、今ではベトナム、タイ、インドネシア、マレーシアとほんとに増えてきた。グローバルに移動してきた人がローカルで仕事をし出す。もう彼ら無くして回らない業界も多い。今度は、成長してくるとそれ以外の職にも浸食していく。

暫く時間が経過すると、出来る人たちは他の国をメインにする。それを繰り返していくと、国力がある国にやはり優秀な人材が集まる。中国人もより優秀な人材は、日本よりアメリカやシンガポールなのではないだろうか。中間層や下層の人材が日本で働く。

 

日本は成熟しきって、別に他の国に行かなくても2~300万稼いで地方で生きていくには、問題があまりない。幸せに生きようと思えば生きれる国だ。凄惨な事件もあるが、周辺各国に比べれば極めて安全。こだわらなければ仕事もしっかりある。

昨年データで40万人の人口減である日本。地方都市が1つ丸ごと無くなるペースだ。そのうち日本人が減っていき、在日外国人が増えていく。移民受け入れはほとんどしていないのに、外国人が増えていく。

 

日本人でさえ村八分が起こる地方は、住みづらい。外国人ならもっとだろう。そう考えるとグローバルな時代にローカルに注力するというのは、1つの選択肢としてありなのかもしれない。変に英語や海外を目指すよりも、どっぷり地方。

 

 

 

単行本(ソフトカバー): 237ページ
出版社: 文藝春秋 (2017/3/29)
言語: 日本語
ISBN-10: 416390624X
ISBN-13: 978-4163906249
発売日: 2017/3/29
梱包サイズ: 18.6 x 13.2 x 1.8 cm

AI経営で会社は甦るAI経営で会社は甦る (文春e-book)【Amazon↗】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA