「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい人生100年時代の個人M&A入門」を読んでの個人的な感想

サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい人生100年時代の個人M&A入門サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門 (講談社+α新書)

 

この本は、平積みされててタイトル買いしてしまった一冊。昨今、なんでもホリエモンがカバーについてる書籍が多くて、こんだけホリエモン消費されてるのに顔が厚いというか、擦り切れるのはいつなんだろうと思ったりするが、どうなんだろう。

「もういいや」とまだ思わない自分に「伸びしろありますね」。。。

 

それはさておき、M&A。凄く活発なのは、数年前から肌で感じていて、WebサイトのM&A系がもうかなり成熟しつつあるので、ネットで会社売買も主流になるだろうと思っていたところ、良いタイミングで本書のようなものがあったので買い。

 

 

内容紹介

堀江貴文さん推薦!「終身雇用は現代の奴隷制度」

ネットメディア「現代ビジネス」に「飲食店経営に手を出したら、その先には『地獄』が待っている」「60過ぎたら、退職金で会社を買いなさい」などをアップ、累計500万超のPVという記録を打ち立てた話題の記事の書籍化です。
サラリーマンには定年・早期退職後、飲食業を始める夢を描く人がたくさんいます。しかし、それは「地獄への道」。廃業率は20%で全業種トップ。実際には素人では勝てない世界。一方で、起業を考える人もたくさんいます。こちらも「地獄」。日本で起業して10年後に残っている会社はわずか5%。

 

著者の三戸さんは言います。業界大手企業でマネジメント経験があるなら、会社を買って社長になったほうが遥かにいい、と。黒字経営であるにもかかわらず、後継者不在のために休廃業する優良中小企業はたくさんあります。事実、中小企業380万社の約7割で後継者がおらず、中には株式1円でもいいから譲りたいと考えているところも。
在職時同様30~50人規模のチームを率いて、今度はサラリーマンではなく社長として力量を発揮し、役員報酬を得て、最後は会社を売却してキャピタルゲインを手にする。雇われる人生を脱して、資本家になる。
中小企業が後継者不足で事業承継に悩む「大廃業時代」は、本当はサラリーマンの「期間限定」の大チャンス。本書は、人生を変える「あかるい資本家講座」です。

内容(「BOOK」データベースより)

投資ファンドのビジネスの現場で実践しているノウハウを広く開陳して現在日本が直面する大きな課題、中小企業100万社が廃業するといわれる「大廃業時代」への一つの解決策を提示。Web「現代ビジネス」の人気連載を書籍化!あかるい資本家への道。
著者について

三戸 政和
株式会社日本創生投資代表取締役CEO。1978年兵庫県生まれ。同志社大学卒業後、2005年ソフトバンク・インベストメント(現SBIインベストメント)入社。ベンチャーキャピタリストとして日本やシンガポール、インドのファンドを担当し、ベンチャー投資や投資先にてM&A戦略、株式公開支援などを行う。2011年兵庫県議会議員に当選し、行政改革を推進。2014年地元の加古川市長選挙に出馬するも落選。2016年日本創生投資を投資予算30億円で創設し、中小企業に対する事業再生・事業承継に関するバイアウト投資を行っている。また、事業再生支援を行う株式会社中小事業活性の代表取締役副社長を務め、コンサルティング業務も行っている。

 

退職金起業、早期退職金起業、退職起業・・・色々あるけど、やっぱりまあゼロイチは難しいわな。自分もかれこれ法人としては5社起業したけど、もう1社は合併で消滅。もう1社は清算済み。

ゼロイチってなんだろうな。

起業のスタイルにもよるんだろうけど、それこそ低資本、出資受入れなし、メンバーなしの栗城さんのように単独無酸素で起業するのって凄く難しい(彼はどこかでミスを犯したか運が悪かった)。自分はそのスタイルだったけど。というか人付き合いが好きじゃない・・・うまくないというか、発達障害のおかげでスタイル的には、最悪1人でも運営出来るようにと事業を設計してしまうが故に、数億レベルの売上。数千万レベルのEBITDAで終わってしまうわけだが。

飲食の廃業率などに言及しているが、あくまで本書は、ビジネス・金融ジャンルであり、自分が考えているようなビジョン明確型の起業ではない。よって、金を稼ぐためのビジネス。最悪、食っていく為のビジネス。というところが本書のみそ。

 

サラリーマン。特に大企業などで勤務している40代~50代向けの本書。流れ的には、不動産運用のジャンルと似ていて、こうしたらお金増えるよね。という感じ。ただ、買収するにせよ、働くのが前提だからハードワーク出来ない人は絶対ムリ。

 

社長になって、特に何もしないで数年フローにのって収益を得て、ダメになったら終わり。そんな感じで投資出来る案件ならまだしも、数百万で買える会社なんてのは、おんぼろの車を買うのと同じ。修理して綺麗に出来る伸びしろは、かなりあるが、乗るのも運転するのも修理するのもカスタマイズするにも、相当「恋」しないとかなりきついはずだ。

人間、機械、システム、取引先、過去の歴史と文化。。。などなど、果たして大企業に詰めた人間が全部出来るのか懐疑的。

 

仮に本書の潮流で付け加えるとすれば。

「各ジャンル得意な奴とチームを組め」

「みんなで出資しろ」

「高効率でシンプル。筋肉質にしてさらに売却を目指せ」

というような、一人で1社に全てをbetするのではなく、むしろ副業や兼業で仕事とリスクを分散させるのが、これからの潮流。

 

かなと。本書では、継続してという話もあったが、ビジョンではなくお金の為に朝から晩までリスクを負って働くのは、長続きしない。せいぜい5年。それだったらそのチームで最適化出来るところまでもっていき、価値を上げてまた売る。そして、チーム解散。この繰り返しのほうが面白いだろう。

休みも取れるし、インカムもキャピタルも狙える。何しろ、必ずキャリアはアップしていく。

 

特に本書の流れでいけば、地方ほど有利かなと。都心部だと「そう思う人間」が多いのに対し、地方だと少ない。分母も少ないわけだが、地方のほうが小規模事業を寄せ集めていき、規模とジャンルの拡大で生態系を維持していったほうが今後の少子化でも生き残りやすい。

 

最後に付け加えるとすれば、私なら「サラリーマンも副業や投資で会社を買う時代」を醸造して、M&A仲介ではなく、運営の代行でリスクだけサラリーマンに取ってもらって、おいしいところだけ頂くビジネスをやるだろうな~。仲介の手数料の5%とか。高すぎですからね。金額によっては安いのですが。

「利回り10%以上!不動産投資より可能性に期待!」

A社500万の買収で年間50万円以上の役員賞与が見込めます。運営は安心お任せの完全代行。手数料は完全出来高でオーナー利回り取得後の税引き前利益の〇%!!!

 

こんな感じですね。

 

 

 

新書: 205ページ
出版社: 講談社 (2018/4/20)
言語: 日本語
ISBN-10: 4062915189
ISBN-13: 978-4062915182
発売日: 2018/4/20

 

サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい人生100年時代の個人M&A入門サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門 (講談社+α新書)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA