「先にしくじる 絶対に失敗できない仕事で成果を出す最強の仕事術」を読んでの個人的な感想

先にしくじる
先にしくじる 絶対に失敗できない仕事で成果を出す最強の仕事術

 

先にしくじるとは、一体どういうことなのか?それが気になりタイトル買い。絶対に失敗出来ない仕事で先にしくじる・・・ん~意味が分からない。

 

内容紹介

軍隊、病院、消防
絶対失敗できない極限状態で働くプロが実践
米国最先端の仕事術が、ついに上陸!

頑張っているのに、なぜか”成功できない”、努力しているのにいつも”失敗する”。常に失敗を繰り返すような「成功できな人たち」が、
あなたの周りにもいるのではないでしょうか。小さな失敗を含めれば、まさに、私たちの誰もがそうなのかもしれなません。

なぜ、人間は失敗を繰り返すのか。それは何も、あなたが悪いからではありません。あえて言うなら、「人間だから」と言うことになります。
人間には、生来持つ「バイアスの罠」があります。それにはまってしまうと、どうしても失敗から抜け出せなくなります。

次のような「七つのバイアスの罠」に、心当たりはありませんか。

 

(1)「現在バイアス」の罠    :ずるずると課題を先延ばしにしてしまう
(2)「オプション選好性」の罠  :どっちがいいか決められない
(3)「非合理的な信念」の罠   :勝手な思い込みで人間関係をこじらせる
(4)「コンコルド効果」の罠   :もはや、引くに引けない
(5)「自己中心性バイアス」の罠 :俺たちのやり方なら必ず成功すると思い込む
(6)「完璧主義」の罠      :すべてがそろわないと動けない
(7)「計画の錯誤」の罠     :必ず想定外のことが起こる

 

本書では、ビジネスパーソンが陥りやすい「七つのバイアスの罠」を克服し、あなたの仕事や、あなたがかかわるプロジェクトを、絶対に成功に導くための仕事術をお教えします。本書で紹介する「プレモータム・シンキング」は、米国のビジネスシーンで現在、急速に広がっている新しいメソッドです。本来「プレモータム」とは、医学界の用語です。「ポストモータム」とは、患者の死亡「後」に死因を特定して次の医療を改善させるためのもの。

その反対語の「プレモータム」は、患者を死に至らしめないために、死亡する「前」に、対処策を検討する方法です。これが転じて、米国では「プレモータム・シンキング」が、軍や病院、消防などといった、一つの判断ミスが命取りになりかねない、「絶対に失敗が許されない」現場で使われるようになりました。そして、この「プレモータム・シンキング」を、「絶対に失敗が許されない」事業やプロジェクトに応用する企業が増えていったのです。

事業やプロジェクトの「失敗」を事前にリアルにイメージして、どうしてそうなるのか分析し、失敗の”芽”を確実に取り去る。「先にしくじる」ことを想定することで、成功へと導くメソッドが、「プレモータム・シンキング」なのです。本書の前編では、人間が陥りやすい「七つのバイアスの罠」をテーマに、「プレモータム・シンキング」の活用方法を丁寧に説明しています。

前編を読んで実践すれば、あなた自身が仕事で失敗することは、この先、もうなくなるはずです。本書の後編では、「プレモータム・シンキング」をチーム全体に活用して、プロジェクトを動かす方法を紹介しています。チームでどのように「プレモータム・シンキング」を取り入れていくのか。実践時に必須となる2大ツール「プレモータム・イメージェリ・ツール」と「プレモータム・ノードマップ・ツール」の使い方も、具体的な例を挙げて紹介しています。

著者について

早稲田大学政治経済学部卒業、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校アンダーソン-シンガポール国立大学ビジネススクール(UCLA-NUS)でEMBA(エグゼクティブMBA)学位取得。大学卒業後、東芝、ゲートウェイ、モバイルベンチャーなどを経て、IT企業の米国法人で、シニアプロダクトマネジャーを務める。カリフォルニア工科大学でテクノロジー・プロダクトマネジメントを学び、2011年にUCLA-NUS EMBAを卒業。現在はIT企業のマーケティング部門でディレクターを務める。著書は『世界の最も野心的なビジネスエリートがしている 一流の頭脳の磨き方』(岡田美紀子氏との共著、ダイヤモンド社)。

 

久々に「ほ~こんなメソッドが出てきたか。新しい」と思った本書。失敗する原因となる心理学、行動学などを踏まえた上で、実際に失敗出来ないプロジェクトをどうこなすのかが書かれている。

タイトルの意味を理解出来るのは、後半まで読み進めてから。

 

先にしくじるとは、失敗する原因を議論し、その対策を予め講じておく。「失敗しそうな要因は何か?」それを突き詰めていく、これまでとは逆の発想。

事業をしていて考えるのは、やはりどうすればうまくいくか?という視点で考えてしまっている。

 

ただ、個人的に社員の仕事を見る時は、「どうすれば失敗しないか」の視点である事に気付いた。この違いは何だろうか。人の仕事は失敗しないように見る。自分の仕事は成功するように見る。不思議だがそんな視点があった。

 

フレームワーク的にも使えるのではないかなと思われる。例えば、物販の会社で店頭販売しか行っていない会社が、ECをやろうと着手する。ECでの販売を月間100個の目標をたてる。これを6か月で目標達成し、予算は、1,000万とする。

こういった条件設定を行い、計画をたてる。ECは、自前なのかポータルなのか。自前だったらカートはどこを使うのか。デザインは?ラインナップは?集客は?リピーター対応は?見込み客のアプローチは?リスティング広告は?SEOは?・・・実際決める要素は多岐に渡るが、それが決まった後に、今度はそれぞれのタスクで失敗を考えていく。

 

SEOが失敗するとしたら?離脱率が高過ぎたら?コンバージョンが低過ぎたら・・・・・と事業単位で考えていくと、膨大なしくじり要素が発生する事に気付く。それを事前に全てカバーするって・・・・・無理じゃね?

簡易なタスク的なプロジェクトなら適用できるかもしれないが、全体像が大きすぎると多少煩雑になる気もする。そもそも、セクションごとに分割して実行されるのであれば問題ないが、プロジェクトマネージャーの負担がちと大きいか。

 

ただ、絶対に失敗しない為の方法なのでメリットデメリットがありそうだ。チームでやる場合、失敗するとすればどこか?という意見出しは、有効だと感じる。何故なら、予め失敗要素が共有されているのに、そこで失敗するのは・・・。

しかし、SEOで1位を取ると言っても無理がある場合も多々ある。それは失敗が見込まれても、別な方法で対策を取るなど出来るので大丈夫か。

 

失敗に対する対応策を事前に検討出来るというメリットもあるが、多岐に渡る場合、その時間が無駄である可能性もある。このご時世、まわりや中の変化スピードも速くなっている。失敗の対応策を出していき、万全の体制となる為時間をかける事が良いケースも悪いケースもあるだろう。

時間があり、チームレベルが高く。絶対に失敗が許されない案件であれば、このメソッドは使えるかもしれない。

 

 

 

単行本: 184ページ
出版社: 日経BP社 (2018/5/17)
言語: 日本語
ISBN-10: 4822257886
ISBN-13: 978-4822257880
発売日: 2018/5/17
梱包サイズ: 18.8 x 13 x 1.6 cm

 

 

 

 

先にしくじる
先にしくじる 絶対に失敗できない仕事で成果を出す最強の仕事術

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA