アーリーリタイア時の貯金と資金、節約編~Vol.5~

アーリーリタイアと貯金

アーリーリタイアする際の貯金と必要な資金。FIREする活動に着手する前に必ずやっておかねばならない事があります。私は、くしくもここに手を付けるのが遅れ、数百万~数千万円と言う資金を無駄に消費してしまいました。どんぶりでやっていたら大変な事になったのです。家計簿なんてやらず、キャッシュフローも見ない。非常に危険な状態です。「分かっていながらも人間出来ない」というのが、よくわかる部分です。但し、その時その時で正しいと思って無駄遣いを理解出来たとも言えるので、気付くのに遅すぎる事はありません。

アーリーリタイアする際の貯金はどうするか?

FIREしたいなら、やはり下記の公式は知っているはずです。

貯金 = 収入 - 支出

物凄くシンプルな式で、小学校低学年レベルの算数で解けます。よって、貯金においてもはや難解な数学や物理などの学問の知識や情報が全く必要ない事が分かります(あればあったで使えれば役に立ちますね)。貯金は、利益や貯蓄額と言えます。

この数式から貯金を目標額へもっていくには、貯金を純粋に最大化すれば良いわけです。これも常識ではありますが、収入を増加させるか支出を減少させる事で貯金を最大化できます。もちろん、両方実現していかなければなりません。

この章では、支出を減少させるマインドと方法を主に扱っていきます。

 

貯金とは「やらないこと」を決めること

やらないことを決める

もしも、アーリーリタイア・FIREすると決め、最短で実現し、長く継続したいのであれば「やらないこと」を決めることです。私は、これが遅れてしまったが為に最終的に数千万単位の貯金を食いつぶしました。これまでの惰性の状態でアーリーリタイアやFIREを目指せるほど甘くはありません。

人間基本的に「やりたいこと」に目が向きがちですが、むしろそれ以上に「やらないこと」を決めなければ、本当に「やりたいこと」が出来なくなってしまいます。まずは、徹底的に身の周りの断捨離を行う事をおすすめします。また、途中でアーリーリタイア・FIREを断念したとしても、この経験は人生においてよい勉強となります。

家のものを捨てるか売る

私がFIREした時点では、多くの「ゴミ」に囲まれているとは、自分で気付きませんでした。これまでのビジネスや家庭のストレスから、自分が「やりたいこと」だと感じ、「ストレス解消、気分転換になる」と思って購入したものばかりでした。主に趣味の道具が多かったです。結局、買ってぼちぼちやって忙しくなったらやらなかったり、FIREしたらストレスが無くなって逆に興味が無くなったり。怪我してそもそも人生での優先度が低くなったり。と理由は色々です。

この断捨離がもともと出てきている人。もしくは、断捨離するものも買えないぐらい困窮している人。そして、無駄で溢れてしまった断捨離すべき人。の3タイプに分かれそうですが、何故捨てたり売る事が必要なのかと言えば、それ以降アーリーリタイアやFIREの邪魔になるものは、極力最初から排除したほうが成功率が高まるからです。要らない「物」としての代表例として、

  • 年に数回しか行かないスキーやスノボのセット
  • 同じくゴルフセットなどいわゆる趣味の道具
  • 読み終わって2度と読まない書籍
  • 使っていない電子機器
  • 1年以上着ていないもの
  • いつか使うと思っている変なグッズ、美容、ダイエットの機器
  • 月に数回しか使わない車やバイク

などです。おそらく多くの人がカメラが趣味、楽器が趣味、アウトドアが趣味など色々あると思います。基本的にストレス解消や学生時代の惰性の趣味で、やるのにコストが多くかかるもの。例えば、ゴルフでコース回るのに1回行ったら交通費含めて2~4万。スキーやボードで1回1~2万円。などお金がかかる趣味は、アーリーリタイアやFIREを目指す上で優先度が高いとは言い切れません。

アーリーリタイア・FIREしたいのに「え、そこまでして?人生でやりたい事を削ってまで?」と考える人は、そこまでせずとも年収1,000万超えだったりと多少余裕があるか、アーリーリタイア・FIREに向いていないか、本質に気付いていないかのどれかかもしれません。但し、全部切り詰めて支出を減らすというわけでは無いので、後述する内容も考慮し、検討してみてください。

例えば、貯金が100万円ある人がゴルフを1回我慢するだけで、その時点で年率2%の税引前利益が確定するのと同じだからです。つまり、資産が少ないうちは、支出を抑えることで節約の効果が絶大なのです。これが資産1億円あったとしましょう。スキューバダイビングに1回行って3万円使いました。これを節約しても総資産の0.03%である為、趣味を継続しても余裕があると言えます。この状態を目指す為にやることですから、お金のかかる趣味は「今は」余計かもしれません。

こういった支出を考える際には、

想定投資利回り(%) = 費用 ÷ 総資産

にて計算するのが一番分かりやすいのです。別な章で説明しますが、「資産をキープする。増やす」場合、利回り1%を上げるのに相当苦労するわけです。それなのに、人は簡単にその利回りを使ってしまうわけです。ゴルフ1回2万円で貯金1,000万だとすると、2 ÷ 1,000 = 0.2%です。0.2%は、少なく見えるかもしれませんが、FIREした人たちから言わせると「0.2%経費率が下がるなら、そちらのETFを選ぶぐらい」と言われるかもしれません。

また、私がそうだったのですが、アウトドアスポーツが好きで、ある時、怪我をして歩けなくなりました。松葉杖生活を数か月。また、今でも後遺症が足に残り困ったものです。「そうまでして、したかったのか?」と考えると、「そうじゃないな」と思ったりします笑。しかしながら、素晴らしい体験や自然の中で遊ぶことは人生の醍醐味です。

なので、人生のその時々で買ってしまったり、やってしまうものがあり、もしアーリーリタイア・FIREを目指す決意が固まった時点で、家の「物」を総点検し、捨てる・売る・辞めるを実践していきましょう。それを実践する毎に着実にFIREに近づきます。アーリーリタイアに最短で近づく為に、色々と絞り込むべきです。

 

習慣をアーリーリタイア体質に変える

アーリーリタイアする際の貯金で、物の断捨離の他に効果が高いのが習慣を変える事です。検討するべき主な習慣としては、

  • タバコ
  • 晩酌などのお酒
  • 飲み会
  • 外食
  • 習い事
  • 風俗、ホストクラブ、キャバクラ、クラブ

などです。実際、私もコロナでここら辺の習慣がだいぶ変わりました。家族で自粛している最中、学校も無ければ外食もしないし、飲み会もしません。それでも、やっていけているので、本来必要の無いものをコロナで気付けた人も多いのではないでしょうか?

タバコやお酒に関しては、もう言わずもがなですし、晩酌に関しても同様です。外食なども含めて、これらを計算すれば数値として出てくるので、自分の資産の何%かを年利回りで計算してみましょう。これらが資産の1%以下であれば、続けても問題無いと言えます。例えば、貯金が1,000万で毎月10,000円だと年間で1%前後となり、「習慣」としてアーリーリタイアの邪魔になることは無さそうです。

ただ、貯金1,000万でも月1万円以下にタバコや酒、飲み会、外食を抑えることは難しいでしょうから、実質FIREまで極力やらないと決めたほうが早く実現できるかもしれません。

 

人付き合いを辞める

これは、お金がかからないような付き合い方にシフトする。とも言えますし、適度に回数を間引くとも言えます。よく、PTAをやって、仕事もやって、マンションの理事もやって、町内会もやるような「選挙でも出るの?」と思ってしまうような方がいますが、こういう方は、そもそもアーリーリタイアなんて目指さなそうですね。そういった活動やつながりこそ我が人生であると考えているかと思いますので。

なので、人付き合いが好きでアーリーリタイアを目指そうとすると、ビジネスや資金具合によっては、相反する可能性が出てきます。人付き合いには、多少のお金もかかりますし。時間も使います。また、エネルギーも使いますし、不平不満やストレスにもなります。果たしてFIREに必要でしょうか?

この部分は、FIRE時のパートナー区分4タイプ~Vol.3~にも記載しましたが、どのパートナー区分でFIREを目指すのかで人付き合いも変わるかと思います。こればっかりは、お金と人を天秤にかけるわけにもいきませんから、自分の人生にとっての人付き合いを費用との兼ね合いから検討してみるしか無さそうです。

ちなみに私はと言えば20代で起業し、ただただ仕事ばかりしていたら、経営者仲間と言える人もおらず、全て「取引先」のようになってしまい、友達関係が大学でストップしてしまいました。それに関して後悔しているかと言われると、気にしないようにはしてますね笑。今の生活に非常に満足していますが、1人ぐらい欲しかったかもとは思いますが1人望むには、数名いないとダメですので結果としても望まなくて良かったかなと。結局、友達の為の人生なのか自分の為の人生なのかと言うところです。

私がアーリーリタイア・FIREして思うのは、同じような価値観や時間、コスト感の友人と言うのは、学生時代の友達から見つけるのは至難の業です。30代でFIREしている人って何人いるんでしょうか。その中でさらに相性が合う人がどのぐらいいるのか。と言う事になります。個人的には、1年に1回ぐらい会う友人が数人いれば十分かなと友人関係は考えるようになりました。家族がいますし、家族との時間が多いので、それ以外は必要ないと考えているのかもしれません。

また、男女で違う傾向もあると思いますので、パートナーとの相談や自分で付き合っている人を棚卸しみるのも面白いかもしれません。

 

貯金に直結する埋蔵金

貯金・貯蓄で資産を構築

「もう全部やってるよ(節約してるよ)」と言う人もいるかもしれません。これが出来ていると、数年~数十年でかなり変わってしまう為、必ず検討すべき部分です。実際に私もやってみたら「初めからこうしておけばよかった」と思う埋蔵金もあります。実際、直接的なお金と言うよりも考え方、マインドの場合もあるのでそれも重要です。

住宅について

アーリーリタイア前後の住居・住宅~Vol.6~で個別にまとめています。

生命保険・医療保険の解約と見直し

「宝くじは愚か者の税金」と言ったりしますが、保険も同様です。アーリーリタイアを目指すと覚悟を決めて貯金に励むなら、保険の見直しや解約が必ず必要になります。

まず、医療保険は契約しているなら解約してください。アーリーリタイア・FIREを目指す人間にこれは必要ありません。もし、何かしら重い病気にかかってしまった場合や救急時でも、高額医療費や医療費控除のみで十分です(十分でなければ、そもそもFIREの準備が全くできていません)。どうしても入る場合は、共済系の掛け捨て保険で月額数百円~数千円のみに留めておきましょう。

医療保険は、保険会社が利益を得ているのですから、確率的に加入者が負ける可能性が非常に高いわけです。おそらくそうなるには、まわりで宝くじにあたった人の数を数えてみましょう。アーリーリタイアの道筋が見えてきた段階で、入り直しても遅くはありません。金額が高くなるかもしれませんが、その頃にはFIREしていますから。

さらに生命保険に関しては、こちらも不要です。そもそも、アーリーリタイアの過程で貯金が溜まっていきます。それこそ、色々辞めたり多少の我慢をして貯めていくわけです。老後2,000万円問題などもありましたが、FIREの過程でかなり溜まります。死んだときは、その財産を家族に残し、遺族年金をもらってもらうだけでよしとしましょう。

どうしても加入する場合は、経費率が低いネットの生命保険が安価です。死亡時の保険金額については、期間と金額をよく検討しましょう。基本的には、アーリーリタイアするまでの期間とし、それ以降貯めるべきだった金額を受け取れる生命保険であれば十分です。つまり、FIREするまで生命保険に入り、FIREするまでの期間のみ加入するという事です。

たまに月1万円以上する保険に入っていたりする人がいますが、年間で10万円以上。貯金1,000万なら1%の利回りが吹き飛びますから、リタイアとは相性が悪い商品です。個人的には、人生で1度も医療保険や生命保険に入った事がありません。朝日生命のセールスレディから加入する事もありませんし、プルデンシャル生命の元野球選手から加入する事もありません。儲かっている。特しているのは、ごく一部の人と胴元だからです。

 

格安キャリアの携帯電話

個人的にDocomoユーザーとして20年以上使っていました。格安SIMが出てきても変えず。最近は、大手キャリアも総務省の圧力で下げに動いていますが、未だに微妙なところです。その結果、ソフトバンクが何千億もの利益を上げるわけですから、やはり国民から多くのお金を得ていると言っても過言ではありません。

私が格安SIMに変えたのは、海外移住検討がきっかけでした。携帯なんて誰からもほとんどかかってきませんが、電話番号だけ保持していたいなと思い、一番安くて海外でも着信して、SMSも受けられるNuroモバイルに変えたのです(いい格安SIMは、ころころ変わるので調べてみてください)。月額1,000円。ドコモの時と比較し、4,000円以上安くなりました。年間で5万円近い金額です。総資産の利回りで計算すると微々たるものですが、コスパ的に考えると非常に満足しています。「なんでもっと早くやっておかなかったかな~」と今でも思います。

また、家族で考えると節約額×人数分になりますから、より多く貯蓄できるようになります。通話もほとんどのシーンで、Skype、LINE、Zoomなどになりましたし、特に不便はありません。ただ、家の中でフレッツ光などネット環境がないと少し辛いかもしれませんね。ソロだとしてもYoutubeやインスタをやれば速度とギガが必要になるので、そうなると大容量のキャリア大手のプランも視野に入るかもしれません。

こう考えると私の自宅もそうですが、月々1,000円とか500円などでマンションやアパートにWi-Fiがあるからこそ、格安SIMが活きるのかもしれません。家にネットがない場合で格安SIMだけだと、ちょっときついこともありそうですね。

 

学資保険

お子さんがいる場合で将来の教育資金にと、学資保険に入っている場合、解約しましょう。違約金にもよりますが。検討中の方は、入る必要はありません。私の友人で学資保険400万円を一括前納し、受取が十数年後だと言っている人がいました。返礼率が108%。運用や投資を勉強している人なら、ありえない商品だとすぐ分かります。メリットは一点だけ。「あなたの心に弱さがあって、何としても大学入学費用はキープしたいから、この仕組みを使う」以外、使う理由が見当たりません。

どう考えても10年でトータルリターン20%(返礼率120%)は目指せますし、それまで引き出せないのは流動性リスクにもなります。別に1か月毎に更新できる定期預金で継続する事も出来ますし、元本割れしにくい金融商品を選ぶ事も出来ます。

生命保険の話もしましたが、月払いの学資保険で親が死亡した場合、以後の払い込みが不要になる学資保険もあります。大学入学前に親が死ぬとは、あまり考えたくありませんが、一石二鳥と言う意味でならありかもしれません。

クレジットカードについて

クレジットカードの選び方~Vol.7~にてまとめてみました。

 

支出を減らし貯金・貯蓄を増やすまとめ

どこまで削れるか。支出を減らせるかは、人による部分だと思われます。例えば、仕事時のコーヒー。1杯300円ぐらいしますが、出社中は、これが無いと仕事にならない。月間6,000円。年間72,000円かかりるがこれが無かったらやっていけない。と言う人もいるでしょうし、家から水筒を持ってきて水でカバーする人もいます。

結局のところ「その人の中で最大限削ってもなお、幸せを引き出せる支出レベル」がラインなのかなと。それは、最低生活費になりますので、独身だったら月15万。パートナーがいる場合は、2人で23万。家族で子供がいる場合は、35万円。など心身共に対応可能な金額がベストであると言えます(みんなバラバラだと思います。フラストレーションがたまるラインが)。

但し、無理な設定であれば続きません。その状態で基本的には、何年も何十年も暮らす事になりますから、一気に変えるよりも月に1つなど目標を決めて、最低生活費にトライするのがおススメです。気付いた時に貯金が溜まり、貯蓄できている状態が理想です。

アーリーリタイア・FIREの為の貯金は、苦行ではなく楽しみながらやるほうが続くかもしれません。私自身も1つ1つ削っていき、「まだいけるな」「意外にこれで十分」などと感じる次第です。感動的だったのが、コロナの自粛。それまでは、毎月1~2回は家族で近場に車で旅行に行っていました。どこかに行かないと刺激がなく、ストレス解消にもならないと頭の奥で私だけ考えていたのかもしれません。

そして、逆に妻はそれがストレスだったようで( ;∀;)人によって度合いも様々だと気付かされました。

今では、家族一緒に平穏で幸せを感じる、ミニマムでスマートな暮らしを堪能しています。そして、これが一番お金が貯まるのです笑。お金がかかる事以外でみんなで楽しめるようになると最強かもしれません。もちろんこれが半年、1年と続いたら分かりませんが一定の我が家のFIREスタイルが確立され自信につながりました。

貯金はゲームです。どう楽しみながら貯蓄スキームを作り上げるか。これに特殊な能力や知識、スキルは不要です。支出を制する者は、アーリーリタイア・FIREを制する!楽しみながらやらないことを決めて、よりよい人生を作っていきたいですね。

1.支出一覧を作って眺める

2.大きなものから対策を行う

3.中~小額の出費を洗い出してみる

4.半年~1年ぐらいかけてじっくり減らしていく

5.やってみてフラストレーションが無い状態で完成させる

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA